電子マニュアル(PDF・HTML・電子書籍)とは

電子マニュアルの利点は、何といっても検索性や操作性です。これらの利点をフルに利用できるように、マニュアルを作成します。なお、電子マニュアルは、紙マニュアルとはまったく別の概念とお考えください。

 電子マニュアルのメリットとデメリット

【メリット】

  • 内容の更新が容易である
  • 検索が容易である
  • カラーで表現できる
  • 情報量が多い
  • 拡大・縮小ができる
  • データ自体は持ち運びできる

【デメリット】

  • 再生装置が必要で設置場所に制限がある(見る場所を選ぶ)
  • チラつきなどで目が疲れやすくなる
  • 複数ページを表示できない

 便利な使い方

営業先で、外出先で、社内で操作中に、マニュアルを見たいと思ったことはありませんか。マニュアルを見たいと思っても、手元にない、どこにあるかわからない、保管場所まで探しに行かなければならない、別の場所にいてマニュアルを見ることができないなど、いろいろな面で不便なときがあります。

こんなとき、マニュアルがネット上に保管されていれば、いつでもどこでも自由に閲覧することができます。
現在では、ほとんどの人がインターネット環境を所有していますので、パソコンはもちろんのこと、スマートフォン(スマホ)やiPadなどのタブレッド型端末でも電子マニュアル(電子書籍)を見ることができます。多くのデバイスに対応している電子マニュアルは、非常に使い勝手のよい形態と言えます。

PDFマニュアル

PDFマニュアルは、レイアウトしたページをそのまま表示するので、電子マニュアルの中ではもっとも紙マニュアルに近いものです。マニュアルを印刷して利用していただきたい場合に適した出力形態です。
ページのサムネール表示、目次、検索機能、リンク機能などがありますので、探したい箇所を検索するのも簡単です。
また、PDFマニュアルを作成するときに、内容のコピーや印刷の許可/不可などのセキュリティ設定ができるので、不正コピーや改ざんも防ぐことができます。

 

HTMLマニュアル

HTMLマニュアルは、通常のWebように自由に構成を考えることができます。
マニュアルの内容をカテゴリに分けてタブ表示したり、メニューを常に表示したり、検索窓を設置したり、関連記事をサイドに表示したりなど、ユーザー視点から考えた「探しやすさ」を大切に設計することができます。
デザインについても、カーソルを置くと説明が表示されるなど、紙の概念を脱却したものを作成できます。

 

電子書籍マニュアル

電子書籍は、紙のマニュアルのようにリアルなページめくりができるものもあります。見た目は、見開きで見ている紙マニュアルと同じですが、強力な検索機能、付箋機能、拡大・縮小機能、目次機能、画像検索機能など、多彩な便利機能を装備しており、完成度がもっとも高い書籍と言えます。
電子書籍は、iPhone、iPad、Android、パソコンで閲覧可能です。受信端末ごとのインターフェースを持ち、直感的でわかりやすいユーザビリティを装備しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

ページトップ