セールス・教育マニュアル

セールス・教育マニュアルとは、

セールス・教育マニュアルは、店舗運営方法、接客方法、安全な運転方法など目的別に手法や考え方などを説明したものです。
セールス・教育マニュアルの内容は業務手順というより、お客様のノウハウが詰まったものです。ご提供いただいたデータや資料をもとに、十分にヒアリングを行い、検証しながら、実践的で有用なマニュアルを制作します。

セールス・店舗運営マニュアル

セールス・教育マニュアル作成のポイント

 その1 目的・意図をはっきりさせる

セールス・教育マニュアルは、目的を達成するためのマニュアルです。だれが何をするマニュアルか、それを行うことによってどのようなメリットがあるのかなど、作成にあたって目的を明確にさせます。
たとえば、「店舗の衛生管理を徹底し食品事故を起こさない」「リピーターを増やすための接客方法を学ぶ」「安全な走行によって事故を減らす」などの目的を達成するために、ノウハウを結集したマニュアルを作成します。

 その2 よい事例・経験を文書化する

セールス・教育マニュアルには、一般的な手法ももちろん記載されていますが、肝になるのは会社や店舗独自の手法・考え方です。経験や実績から学んだ内容を文書化し、それを伝えます。そのため、セールス・教育マニュアルは、会社や店舗のノウハウが詰まった「秘伝のマニュアル」といえます。

 その3 疑似体験でやる気を出させる

セールス・教育マニュアルでは、短時間で知識やコツを学ぶことができます。
ただし、いくらノウハウが詰まったマニュアルでも、やる気を引き出し実践させなければ、宝の持ち腐れになってしまいます。読者が実際に経験したことがある内容を盛り込みながら、具体的に説明していくことが大切です。効率のよい「疑似体験」をマニュアルで行うということです。

 その4 現場で使うことを念頭に

セールス・教育マニュアルの実践場所は現場です。ほとんどの場合、マニュアルなしでお客様を目の前にして覚えたことを実践します。そのため、簡単に覚えられるような工夫、たとえば作業のポイントを語呂合わせにする、簡単なチェックシートを作って確認させるなどが必要です。

 

ページトップ