マニュアルコラム

マニュアルの目的 ~「人の知識」 を 「会社の財産」 に~

会社では、「誰それに聞けばわかる」という人が必ず存在します。しかし、その人は未来永劫、会社にいるとは限りません。むしろ、確実にいなくなります。このようなとき困らないように、きちんとその人の知識を会社の知識(=財産)にする必要があります。それがマニュアル作成です。

イラスト - 「人の知識」 を 「会社の財産」 に

マニュアルは、社内に蓄積したルールや方法論などの知識を、人から人に伝えるためにものです。
その内容は、技術、経験、規則、方法など実にさまざまですが、どれも正確にかつ効率よく伝えることが重要です。

どんなに正確に書かれていても、読みにくかったりわかりにくかったりすれば、「伝える」という目的を達成することはできません。
マニュアルには、本来の手順書としての役割以外に、販促促進ツール、ユーザーサポートなどの役割もあります。これらの役割が果たせるかどうか、それがそのまま製品の評価や企業イメージにつながります。

マニュアル制作専門の会社に依頼することによって、「伝わる」マニュアル、「評価を上げる」マニュアルを手にすることができます。

 

ページトップ